今と昔の価値観の変化 結婚指輪について

結婚の指輪の今と昔の価値の変化について。

結婚のプロポーズをするときに指輪を贈る習慣がある。婚約の指輪と結婚の指輪だが、これは「君を予約中です。」という目印であり、だから、ほかの男性に入り込む余地はないよ、という事を意味しているようだ。何ともロマンチックなことだが、女性が生きていくためには結婚を選択するしかない、それ以外には考えもつかなかった古い時代の習わしである。さて、現代では結婚の贈り物である指輪はどんな意味を持つだろうか。確実に言えることは、結婚の指輪に予約済みの効力はない。効力があるとしたら、受け取る側の女性の方だろう。その素敵な贈り物である指輪に見合う素敵な女性だと自身で自身の事を思い、そうまでして、結婚をしたい、つまり求められるようなこれまた素敵な女性だと思うところにあるだろう。大事にされている感があるのではないか。ただし、これは指輪に憧れ、結婚に憧れている女性に限る。結婚に憧れがなく、当然指輪にも憧れがない女性が結婚する場合だってある。その場合指輪の効力など無いに等しい。現代では結婚においてもはや指輪は必須ではないのだ。

ちょっと昔にさかのぼってみると、女性で結婚が出来ないと何を意味したか。それは、生きていけないことを意味した。
もちろん中には例外もある。商売をしたり、文才に恵まれ活躍できたような女性は、生活をするために結婚ををする必要などはない。
しかし、大部分の女性は結婚をしなければ生活することは不可能で、結婚出来なければ、まず、人として生きてゆくことは出来なかったと断言してよいだろう。そのような、女性にとって極めて重要なイベントである結婚をロマンチックにしてくれる、花を添えてくれるのが指輪ではないであろうか。今でこそ離婚は珍しくないが、そんなに遠くない昔には離婚など考えられなかった。つまり、ちょっと辛いことがあってもお嫁さんが嫁いだ先を逃げるということは出来なかったのだろう。そんな時代の結婚となると、今よりも計り知れないぐらい、ナーバスになったのではないか。そんな時にきれいな指輪が心を落ち着けてくれて、それはまた、結婚後の生活上でも支えになっていったのではないだろうか。現代にも指輪に変わる何か有用なものや事があればいいと思う。

お役立ち情報